教職員研修

子ども達の成長を促し、見守る、良き教職員であるためには、教職員自身が常に学び続け成長することが大事だと思います。

毎日の教育活動の中で子ども達から学ぶものはもちろんたくさんありますが、外部での研修や異業界との触れ合いで学べることもまた多くあります。太陽幼稚園の教職員は、園が独自で行う内部研修と、加盟団体や外部業者が企画する外部研修に積極的に参加しています。そんな研修の一部をご紹介します。

内部研修
Study on the inside

内定者研修

4月に入職する新人教職員のための研修です。例年1月中旬~3月末までの間で任意の4週間、毎日の教育活動に実際に参加し、実務を通じて学びます。「手取り足取り」をモットーに、「なぜここでこうすべきなのか?」を理論的に説明し理解してもらいます。「背中を見て学べ」ではなく、「ひとつひとつ丁寧に」が太陽幼稚園流です。

ホンマモン研修

「ホンモノ」を大切にする太陽幼稚園では、教職員が「ホンモノ」に触れる機会を大切にしています。最近では「ホンモノのおもてなしを味わう」をテーマに教職員全員で一流ホテルに宿泊したり、「ホンモノの笑いに触れる」をテーマに、喜劇の舞台を見たりしました。その感動を、毎日の教育活動の中で子ども達に還元したいと思います。

どうぞ行っておいで研修

幼稚園にはたくさんの研修案内が来ます。また、世の中ではたくさんの研修が企画されています。「私の成長のためにこの研修に参加したい」と手を挙げて教職員が自ら参加するのが「どうぞ行っておいで研修」です。成長しようとする気持ちはどこまでも応援したい、という太陽幼稚園の姿勢が形になった制度のひとつです。子ども達の教育の視野を広げるために、海外研修にも出かけます。

文化研修

子ども達に心豊かに育ってもらうためには、自分の知らない世界を知ることや教職員の教養の高さが必要だと思います。毎年、能や狂言、美術館等に教職員全員で出かける文化研修は、それ自体で何か特定のスキルが伸びる研修ではありません。しかし、そのような文化度の高い経験を教職員が積み重ねることで、子ども達に伝えられる何かがあると考えています。

外部研修
Study on the outside

○川崎市幼稚園協会主催研修会、全日本私立幼稚園連合会主催研修会など
太陽幼稚園が加盟する協会や団体が主催する研修会にも、教職員全員で参加するようにしています。研修内容は、日々の教育活動に生かせる実践的なものから、幼児教育の理論的なものまで様々です。